コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達[市] だて

百科事典マイペディアの解説

伊達[市]【だて】

北海道南部の市。1972年市制。室蘭市の北西隣で内浦湾に臨み,室蘭本線道央自動車道が通じる。対馬海流の影響を受けて温暖なため,海岸沿いの低地は農業が盛んで,ジャガイモ豆類ホウレンソウアスパラガスなどを産し,農産加工も行われる。

伊達[市]【だて】

福島県北東部に位置する市。市北部を宮城県に接している。2006年1月,伊達郡伊達町,梁川町,保原町,霊山町,月舘町が合併し市制。阿武隈急行,国道4号線,115号線,349号線が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だて【伊達[市]】

北海道南西部の市。1972年市制。人口3万4431(1995)。内浦湾の北岸にあり,冬は積雪が少なく,温暖なため〈北海の湘南〉といわれる。西境に有珠(うす)山がそびえ,東は登別市,室蘭市に隣接する。古くは伊達紋鼈(もんべつ)と呼ばれた。幕府直轄時代には有珠会所が置かれ,蝦夷三官寺の一つ,有珠の善光寺が建立された。本格的な開発は仙台支藩の亘理(わたり)藩伊達邦成家中により行われ,1870年(明治3)から81年までに約2700人が入地した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

伊達[市]の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android