吉野(2代)(読み)よしの

朝日日本歴史人物事典の解説

吉野(2代)

没年:寛永20.8.25(1643.10.7)
生年:慶長11.3.3(1606.4.10)
江戸前期の遊女。京都の遊里六条,島原を代表する遊女で,江戸吉原の高尾と並称され,10代を数えるというが,2代が最も知られる。本名は松田徳子。京都方広寺近くに生まれ,14歳で六条柳町の妓楼林与次兵衛抱えの太夫となり,長く六条七人衆の筆頭に挙げられていた。生来利発で,茶道など諸芸にすぐれた当代一流の知識人として名高く,近衛信尋らの貴紳と交遊した。豪商佐野(灰屋)紹益に身請けされ,ために紹益は勘当となったが,本阿弥光悦の斡旋で紹益への勘気も解け,吉野は佐野家に入って正妻となった。京都鷹峰の常照寺の山門(吉野門)は吉野の寄進といい,境内には吉野を偲ぶ吉野桜が植えられている。

(宇田敏彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android