コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野(2代) よしの

1件 の用語解説(吉野(2代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

吉野(2代)

没年:寛永20.8.25(1643.10.7)
生年:慶長11.3.3(1606.4.10)
江戸前期の遊女。京都の遊里六条,島原を代表する遊女で,江戸吉原の高尾と並称され,10代を数えるというが,2代が最も知られる。本名は松田徳子。京都方広寺近くに生まれ,14歳で六条柳町の妓楼林与次兵衛抱えの太夫となり,長く六条七人衆の筆頭に挙げられていた。生来利発で,茶道など諸芸にすぐれた当代一流の知識人として名高く,近衛信尋らの貴紳と交遊した。豪商佐野(灰屋)紹益に身請けされ,ために紹益は勘当となったが,本阿弥光悦の斡旋で紹益への勘気も解け,吉野は佐野家に入って正妻となった。京都鷹峰の常照寺の山門(吉野門)は吉野の寄進といい,境内には吉野を偲ぶ吉野桜が植えられている。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉野(2代)の関連キーワード遊女桜木吉野大夫河東柿暖簾仕舞いを付ける島原模様局女郎出口鉄砲見世山様

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone