コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命知らず イノチシラズ

2件 の用語解説(命知らずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いのち‐しらず【命知らず】

[名・形動]
生命の危険をも考えずに振る舞うこと。また、その人、やそのさま。「命知らずが集まる」「命知らずな冒険」
丈夫で長持ちすること。また、そのもの。
「この手紬(てつむぎ)の碁盤縞(ごばんじま)は、―とて親父の着られしが」〈浮・永代蔵・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのちしらず【命知らず】

( 名 ・形動 )
生命の危険を恐れずに物事をすること。また,そのような人やさま。 「 -の若者たち」
丈夫で長持ちすること。 「手紬つむぎの碁盤縞は-とて親仁の着られしが/浮世草子・永代蔵 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

命知らずの関連キーワード悪性腫瘍感知危険信号空然軽率不見転自儘多包条虫他人の生命の保険契約個人生命保険

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

命知らずの関連情報