切切(読み)セツセツ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐せつ【切切】

[ト・タル][文][形動タリ]
心に強く迫るさま。また、心のこもっているさま。「切切たる望郷の念」「切切たる祈り」「切切と訴える」
音や声が寂しく身に迫るさま。「切切たる弦の響き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつせつ【切切】

( トタル ) [文] 形動タリ 
思いが胸に迫るさま。 「 -たる帰心」
人の心を動かすほどに心がこもっているさま。 「 -たる願い」 「 -と訴える」
音や声がしみじみと人の心を打つさま。また、音や声が細々として絶えないさま。 「窓間の竹数十竿、相摩戞まかつして声-已まず/草枕 漱石」 「小絃は-として私語ささめごとに異ならず/謡曲・経政」
( 形動ナリ )
に同じ。 「遊覧の志-なれども/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きれ‐ぎれ【切切】

〘名〙 (形動)
① 小さく幾つにもれること。断片的で全体がつながっていないさま。また、そのもの。今にも切れそうなさま。
※今昔(1120頃か)三一「干(ほし)たる魚の切々(きれぎれ)なるにてなむ有ける」
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉五「海豹若し首を出だせば、忽ち捕へて切れ切れに裂き」
② 言葉が途切れそうになって続くこと。また、そのさま。
置炬燵(1890)〈斎藤緑雨〉上「男きれぎれに受答へ、我(わが)吸殻に咽(むせ)べば」

さい‐さい【切切】

〘名〙 (形動) =さいさい(再再)
※山科家礼記‐応仁二年(1468)三月一八日「今度之事者依左様之子細、切々不催促之処」

せつ‐せつ【切切】

〘形動ナリ・タリ〙
① 思いや情が強く心に迫るさま。心がこもっているさま。
※発心集(1216頃か)二「『只きと立ち入り給へ』と切々(セツセツ)に云ひければ」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「一言一句肺腑から突出る如く切々として聞く者を打つ」 〔江淹‐傷愛子賦〕
② 親切で丁寧なさま。ねんごろなさま。
※捷解新語(1676)一〇「かさねておうせきかさるべく候。せつせつの御ぢゃうちゃうだいいたし候」 〔論語‐子路〕
③ 音や声の調子がものさびしく心に迫るさま。
※和漢朗詠(1018頃)上「切々たり暗窓の下 々たり深草の中〈白居易〉」
※大観本謡曲・岩船(1466頃)「松吹く風はせつせつとして、ささめごとかくやらん」 〔白居易‐琵琶行〕
④ 物をみがく音のさま。
浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)二「あら砥にかくる庖丁は、切々磋々たる金石の音」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android