コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切切 セツセツ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐せつ【切切】

[ト・タル][文][形動タリ]
心に強く迫るさま。また、心のこもっているさま。「切切たる望郷の念」「切切たる祈り」「切切と訴える」
音や声が寂しく身に迫るさま。「切切たる弦の響き

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せつせつ【切切】

( トタル ) [文] 形動タリ 
思いが胸に迫るさま。 「 -たる帰心」
人の心を動かすほどに心がこもっているさま。 「 -たる願い」 「 -と訴える」
音や声がしみじみと人の心を打つさま。また、音や声が細々として絶えないさま。 「窓間の竹数十竿、相摩戞まかつして声-已まず/草枕 漱石」 「小絃は-として私語ささめごとに異ならず/謡曲・経政」
( 形動ナリ )
に同じ。 「遊覧の志-なれども/海道記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

切切の関連キーワードクリオスタット

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android