切切(読み)セツセツ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐せつ【切切】

[ト・タル][文][形動タリ]
心に強く迫るさま。また、心のこもっているさま。「切切たる望郷の念」「切切たる祈り」「切切と訴える」
音や声が寂しく身に迫るさま。「切切たる弦の響き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつせつ【切切】

( トタル ) [文] 形動タリ 
思いが胸に迫るさま。 「 -たる帰心」
人の心を動かすほどに心がこもっているさま。 「 -たる願い」 「 -と訴える」
音や声がしみじみと人の心を打つさま。また、音や声が細々として絶えないさま。 「窓間の竹数十竿、相摩戞まかつして声-已まず/草枕 漱石」 「小絃は-として私語ささめごとに異ならず/謡曲・経政」
( 形動ナリ )
に同じ。 「遊覧の志-なれども/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android