コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅多矢鱈 メッタヤタラ

デジタル大辞泉の解説

めった‐やたら【滅多矢×鱈】

[形動][文][ナリ]考えもなく手当たり次第に何かをしたり、数量・度合いなどがむやみに多かったりするさま。むやみやたら。「滅多矢鱈に書きまくる」
[補説]「滅多矢鱈」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めったやたら【滅多矢鱈】

( 形動 )
「めった」を強めた言い方。
思慮のないさま。 「人前で-なことをいうものではない」
(下に打ち消しの語を伴って)まれであるさま。 「 -に手に入らない」
(「めったやたらに」「めったやたらと」の形でも用いる)しきりにするさま。 「 -になぐりつける」 「 -といためつける」
( 副 )
(「めったやたらに」「めったやたらと」の形でも用いる)常識では考えられないほど程度がはなはだしい。 「今日は-に冷えるね」 「今日は-と暑いね」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅多矢鱈の関連キーワード数量常識

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android