コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こよなく コヨナク

デジタル大辞泉の解説

こよ‐なく

[副]《形容詞「こよなし」の連用形から》この上なく。古くは単に程度のはなはだしいことを表したが、現代では文語的な表現として賛美の情感を伴って用いられる。「信州の山々をこよなく愛した作家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こよなく

( 副 )
〔形容詞「こよなし」の連用形から〕
他と比べものにならないほど程度がはなはだしいさま。この上なく。比類なく。よい意味に用いる。文語的な言い方。 「私が-愛した女性」 「 -晴れた青空」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こよなくの関連キーワードラフマニノフ:真夏の夜の夢より スケルツォ(メンデルスゾーン原曲)/piano soloケーブル(George Washington Cable)ジュリエット物語、あるいは悪徳の栄えオトノ葉EntertainmentサウザンモーストTHEBEATLOVEG. エクスタイン愛しのバットマンマウントバーノンひよしなかよしオクラドニコフワンダラーズ北村 銀太郎大津年金手帳カイザービラ滋野 清鴻川崎 順二西洞院時慶クリシュナ田中 緑紅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こよなくの関連情報