コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こよなく コヨナク

デジタル大辞泉の解説

こよ‐なく

[副]《形容詞「こよなし」の連用形から》この上なく。古くは単に程度のはなはだしいことを表したが、現代では文語的な表現として賛美の情感を伴って用いられる。「信州の山々をこよなく愛した作家」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こよなく

( 副 )
〔形容詞「こよなし」の連用形から〕
他と比べものにならないほど程度がはなはだしいさま。この上なく。比類なく。よい意味に用いる。文語的な言い方。 「私が-愛した女性」 「 -晴れた青空」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

こよなくの関連情報