捨(て)鉢(読み)ステバチ

デジタル大辞泉の解説

すて‐ばち【捨(て)鉢】

[名・形動]どうともなれという気持ち。また、そうした気持ちであるさま。自暴自棄。「失敗続きで捨て鉢になる」「捨て鉢態度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すて‐ばち【捨鉢】

〘名〙 (形動) 物事が自分の思うようにならなくて、もうどうなってもかまわないという気持になること。自暴自棄になること。また、そのような態度をとるさま。やけくそ。すてっぱち。すてぶち。〔俚言集覧(1797頃)〕
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初編「また其所の座になると捨罪(ステバチ)をいふわな」

すて‐ぶち【捨鉢】

〘名〙 (形動) 「すてばち(捨鉢)」の変化した語。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)八「茶を入かへて女房が、持出るこなたは捨ぶちで、往(い)にかけるのを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android