切実(読み)セツジツ

デジタル大辞泉の解説

せつ‐じつ【切実】

[形動][文][ナリ]
心に強く感じるさま。「切実な願い」
身近に深くかかわっているさま。「切実な住宅問題」
よくあてはまるさま。適切なさま。「切実に書き記す」
[派生]せつじつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せつ‐じつ【切実】

〘形動〙
① この上なく適切なさま。きわめてよく当てはまっているさま。
※仁説問答師説(1688‐1710)宝永三年講「其物について其理を明すやうな切実的当なる味がなし」
※条約改正論(1887)〈小野梓〉五「二記者の説く所咸く我が日本に切実ならざるに非らず」
② 心からであるさま。心に強く感じるさま。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「如何に善に移るの心が切実なりとも」
※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉一二「食事と風呂と寝台との三つが切実に欲しかったが」
③ その人の生活に深くかかわっているさま。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「民生切実の業は、瑣末の陋事として、絶て心を用ひず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報