コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実学[朝鮮] じつがく[ちょうせん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実学[朝鮮]
じつがく[ちょうせん]

李朝後期,従来の空理空論に失する朱子学を批判し,実事求是利用厚生を目標として興った学問。その研究分野は政治,経済,軍事,技術,歴史学言語学文学,芸術と多岐にわたる。17世紀に柳馨遠らの先駆者によって打ち立てられ,18世紀に入り,李瀷朴趾源朴斉家などが輩出することによって開花し,のち丁若鏞によって集大成をみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android