川内(読み)せんだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川内(鹿児島県)
せんだい

鹿児島県北西部にあった旧市名(川内市)。現在は薩摩川内(さつませんだい)市の西部を占める一地区。1940年(昭和15)県内2番目に市制施行。1951年(昭和26)水引(みずひき)村、1956年高江村と永利(ながとし)村、1957年下東郷(しもとうごう)村の大部分、1965年高城(たき)町をそれぞれ編入。2004年(平成16)樋脇(ひわき)町、入来(いりき)町、東郷(とうごう)町、祁答院(けどういん)町、里(さと)村、上甑(かみこしき)村、下甑(しもこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。かつては千台とも書かれ、川内という名称は、川内川と高城川の川内にあることによる。旧市域は川内川下流部にあって、中央部には盆地状の川内平野が形成され、これを山地が取り囲み、山地と沖積平野との間にシラス台地が広がる。季節の変わり目には霧が多く発生する。交通の要衝でJR鹿児島本線、九州新幹線、第三セクター肥薩おれんじ鉄道(ひさつおれんじてつどう)が通じ、国道3号と267号の分岐点であり、北薩(ほくさつ)の交易の中心である。また、河口一帯も重要港湾の指定を受けて整備が進んでいる。奈良時代には薩摩国府が置かれ、泰平(たいへい)寺、国分寺なども建立されて、南九州における政治、経済、文化の中心地であった。1587年(天正15)豊臣(とよとみ)秀吉の大軍が薩摩に侵攻、当時九州一円に覇を唱えていた島津義久(よしひさ)は降伏(こうふく)して泰平寺で和議が成立し、旧領が安堵(あんど)された。水田が多く、水稲生産は県内第2位であった。ほかに砂丘地のラッキョウ、山麓(さんろく)のミカンなどがある。小型底引網やパッチ網(引網の一種)によるカタクチイワシの沿岸漁業も行われ、内水面での養鰻(ようまん)も盛んである。工業では中越パルプと京セラの大工場をはじめ200を超える中小工場があり、年間出荷額は県内第3位であった。商業の販売額も県内第3位であった。川内川河口右岸には九州電力の火力発電所、左岸には原子力発電所が建設され、九州のエネルギー基地となってきた。薩摩国分寺跡は国指定史跡、永利のオガタマノキは国指定天然記念物。可愛(えの)山陵、国指定重要文化財の銅鏡などを所蔵する新田神社(にったじんじゃ)などがある。川内大綱引(秋分の日の前日に行われる)は有名。川内温泉もある。[田島康弘]
『浜田亀峰著『鹿児島県川内郷土史』上下(1954、1955・川内市) ▽『川内市史』上下(1976、1980・川内市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川内の関連情報