(読み)いわい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎(いわい)
いわい

「いはふ」の名詞形。穢(けがれ)を忌み、心身を清浄にして、神を祀(まつ)ることをいう。また、「斎をする所」「斎をする人」をもいう。転じて祝賀する意に用いるようになった。『日本書紀』には、「斎主神(いわいぬしのかみ)を斎の大人(うし)と号す」(神代下)、「時に道臣命(みちのおみのみこと)に勅(みことのり)したまはく、今高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)を以(もち)て朕親(われみづか)ら顕斎(うつしいわい)を作(な)さむ。汝(いまし)を用(も)て斎主として」(神武(じんむ)紀)などとみえる。現在も神社祭式では、祭員の長(宮司)となる者を斎主という。また、忌み慎んで神に仕える意の「斎(いつ)く」の語をも分化した。[沼部春友]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎の関連情報