(読み)さかえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄(新潟県)
さかえ

新潟県中央、南蒲原郡(みなみかんばらぐん)にあった旧町名(栄町(まち))。現在は三条市(さんじょうし)の北部を占める地域。信濃(しなの)川州頂部に位置する。旧栄町は1981年(昭和56)町制施行。2005年(平成17)三条市に合併。JR信越本線と北陸自動車道、国道8号、403号が通じる。東山丘陵麓(ろく)の大面庄(おおもしょう)と信濃川氾濫原(はんらんげん)の出雲田(いずもだ)庄の水上(みなかみ)村と水下(みずしも)村が合併した中越(ちゅうえつ)平野の米どころ。第二次世界大戦後国道8号の改修で工場進出があいついだ。また、国指定天然記念物の蜀鶏(とうまる)の飼育の盛んな町としても知られる。かつての大面油田の全盛で栄えた油田遺跡が多く、信濃川べりの自然堤防上の水倉(みずくら)集落が名物であった。[山崎久雄]
『『栄村誌』(1981・栄村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄の関連情報