侘しい(読み)ワビシイ

デジタル大辞泉「侘しい」の解説

わびし・い【×侘しい】

[形][文]わび・し[シク]
ひどくもの静かでさびしい。「人里離れた―・い田舎」
心が慰められないさま。心細い。「ひとり―・く夕食をとる」「―・い下宿生活」
貧しくてあわれなさま。みすぼらしい。「―・い住居」
つらく悲しい。やるせない。
「苦しく心もとなければ、…いと―・し」〈土佐
当惑するさま。やりきれない。
「あな―・し。人の有りける所をと思ふに」〈今昔・二七・一五〉
興ざめである。おもしろくない。
前栽の草木まで心のままならず作りなせるは、見る目も苦しく、いと―・し」〈徒然・一〇〉
[派生]わびしがる[動ラ五]わびしげ[形動]わびしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android