コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侘しい ワビシイ

2件 の用語解説(侘しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わびし・い【×侘しい】

[形][文]わび・し[シク]
ひどくもの静かでさびしい。「人里離れた―・い田舎」
心が慰められないさま。心細い。「ひとり―・く夕食をとる」「―・い下宿生活」
貧しくてあわれなさま。みすぼらしい。「―・い住居」
つらく悲しい。やるせない。
「苦しく心もとなければ、…いと―・し」〈土佐
当惑するさま。やりきれない。
「あな―・し。人の有りける所をと思ふに」〈今昔・二七・一五〉
興ざめである。おもしろくない。
「前栽の草木まで心のままならず作りなせるは、見る目も苦しく、いと―・し」〈徒然・一〇〉
[派生]わびしがる[動ラ五]わびしげ[形動]わびしさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わびしい【侘しい】

( 形 ) [文] シク わび・し 〔動詞「侘びる」の形容詞化〕
安らぎやうるおいがなく、つらくて心細い状態だ。孤独でさびしい。 「 - ・い一人暮らし」
みすぼらしい。貧しくて人に気の毒な感じを与える。 「 - ・い住まい」
静かでものさびしい。貧弱ではなやかさがない。 「 - ・い景色」
気力がなくなった感じだ。 「君は来ず吾は故無み立つ浪のしくしく-・しかくて来じとや/万葉集 3026
苦しくつらい。耐えがたいほどの苦痛を感ずる。 「足も動かれず-・しければ、せむ方なくてやすみ給ふ/源氏 玉鬘
おもしろくない。興ざめだ。 「前栽の草木まで心のままならず作りなせるは、見るめも苦しく、いと-・し/徒然 10」 〔期待がはずれたり悲しい目にあったりして、気落ちしたさまを表すのが原義〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侘しいの関連キーワード美しくも邪魔臭い手酷い毒毒しい憎らしい酷い窶窶しい荒気ないくどくどし・い物侘しい

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone