コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落ちぶれる/落魄れる/零落れる オチブレル

デジタル大辞泉の解説

おち‐ぶ・れる【落ちぶれる/落魄れる/零落れる】

[動ラ下一][文]おちぶ・る[ラ下二]社会的地位や生活程度などが悪くなって、惨めな状態になる。零落する。「―・れた姿をさらす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

落ちぶれる/落魄れる/零落れるの関連キーワード戾・令・例・冷・励・勵・嶺・戻・玲・礼・禮・鈴・隷・零・霊・靈・麗・齡・齢芸が身を助けるほどの不仕合わせ借家栄えて母屋倒れる借家栄えて母屋倒る転落・顛落・顚落金々先生栄花夢乞食に貧乏無し乞食の系図話社会的地位坂田藤十郎小人説話襤褸ける窶れる成下り成下る品下る落ちる溢れる塗れる蹉跎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android