触(漢字)

普及版 字通 「触(漢字)」の読み・字形・画数・意味


常用漢字 13画

(旧字)觸
20画

[字音] ショク
[字訓] ふれる・さわる

[説文解字]
[金文]

[字形] 形声
旧字は觸に作り、蜀(しよく)声。〔説文〕四下に「牴(あた)るなり」とあり、角を以て相争うことをいう。蜀は牡獣。角を以て物に触れることから、触覚抵触、また触法の意となる。

[訓義]
1. ふれる、さわる。
2. つく、あたる、おかす。
3. うごかす、けがす。

[古辞書の訓]
名義抄〕觸 フル・カカル・コトニ・ウゴク・ウツ・ツク・アキラカニ 〔立〕觸 ケガル・コトニ・フルナリ・フル・ナツク・カカル

[語系]
觸thjiok、zjiokは声義近く、觸は牡獣が角を以て争う意。は〔説文〕八下に「气(き)をんにして怒るなり」とあり、そのときの奮怒するさまをいう。獨(独)dokも声韻の関係があり、同じ系列の語である。

[熟語]
触衣・触雨・触汚触礙触角・触覚触陥・触官・触感・触眼触忌・触・触器・触機・触禁触景触激・触撃触蹶触忤・触罪・触死触刺触邪触手・触処・触緒・触地・触置触抵触觝・触塗・触動・触突・触熱触発・触犯・触鼻触鋒触冒・触網・触目触癢・触類
[下接語]
一触・感触・撃触・接触・抵触・觝触・犯触

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android