頭を下げる(読み)あたまをさげる

精選版 日本国語大辞典「頭を下げる」の解説

あたま【頭】 を 下(さ)げる

おじぎをする。かしらをさげる。
※雑俳・柳多留‐一一九(1832)「頭を下けてくぐるは路次の御条目」
② 自分が下位であることを認める態度をとる。相手に物を頼む時に使われることが多い。へり下る。下手(したて)に出る。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「森井コンツェルンが大きくなればなるほど、生野は帝銀総裁にも大蔵大臣にも、頭(アタマ)を下(サ)げることが尠くなった」
③ 相手がすぐれていることを認める態度をとる。感心する。
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉叱られて「どこでも目に残ったのはあの人々の努力の足跡である。どれを見てもギヴ・エンド・ギヴ、成程これでなければと頭を下げさせられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「頭を下げる」の解説

頭(あたま)を下(さ)・げる

おじぎをする。
謝る。わびる。「あいつにだけは―・げたくない」
敬服する。感服する。「彼の努力には―・げずにはいられない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android