頭を下げる(読み)アタマヲサゲル

デジタル大辞泉の解説

頭(あたま)を下(さ)・げる

おじぎをする。
謝る。わびる。「あいつにだけは―・げたくない」
敬服する。感服する。「彼の努力には―・げずにはいられない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたまをさげる【頭を下げる】

おじぎをする。
屈服する。降参する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あたま【頭】 を 下(さ)げる

おじぎをする。かしらをさげる。
※雑俳・柳多留‐一一九(1832)「頭を下けてくぐるは路次の御条目」
② 自分が下位であることを認める態度をとる。相手に物を頼む時に使われることが多い。へり下る。下手(したて)に出る。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉森井コンツェルン「森井コンツェルンが大きくなればなるほど、生野は帝銀総裁にも大蔵大臣にも、頭(アタマ)を下(サ)げることが尠くなった」
③ 相手がすぐれていることを認める態度をとる。感心する。
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉叱られて「どこでも目に残ったのはあの人々の努力の足跡である。どれを見てもギヴ・エンド・ギヴ、成程これでなければと頭を下げさせられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭を下げるの関連情報