コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高崎[市](読み)たかさき

百科事典マイペディアの解説

高崎[市]【たかさき】

群馬県南部の市。1900年市制。利根川,烏川などの流域を占め,榛名山南麓一帯を含み,東は前橋市,西は安中市に接する。中心市街は古来交通要地で,中世は鎌倉街道の宿駅,近世は中山道と三国街道の分岐点であった。慶長年間井伊氏が築城し,以降城下町,物資集散地として発展。明治以後高崎線,両毛線,信越本線上越線,八高線,上越新幹線,上信電鉄が通じ,北関東最大の交通の要衝となった。関越自動車道,国道17,18号線も通じる。明治以降は,県庁所在地となった前橋に対して,県の交通,商業の中心として発展し,1967年には全国初の卸商業団地が造成された。また工業も盛んで,多くの工業団地が造成され,製粉,板紙製造のほか電気機械器具,機械,化学,鉄鋼,金属などの工業が行われ,倉賀野地区も工業地化が著しい。製造品出荷額では6796億円(2003)を上げ,県内3位を占めている。農村部では米麦,ナシ,モモを産する。だるま市で有名な達磨(だるま)寺,山上碑および古墳(特別史跡),金井沢碑(特別史跡),ほか多くの古墳群,白衣観音がある。2006年1月群馬郡箕郷町,群馬町,倉渕村,多野郡新町を,2006年10月,群馬郡榛名町を,2009年6月多野郡吉井町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。459.16km2。37万1302人(2010)。
→関連項目安中[市]板鼻岩鼻前橋[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかさき【高崎[市]】

群馬県南部の商工業都市。1900年市制。人口23万8133(1995)。開発の歴史は古く,観音塚古墳観音山古墳など各所に古墳が散在し,金井沢碑(特史),山上碑(特史)など史跡も多い。中心の高崎は古くから上野国の交通の要衝で,中世以降は城下町,宿場町として栄えた。1884年高崎線が通じ,以後鉄道交通の中心として発達した。現在,高崎駅には上越新幹線,長野新幹線,高崎線,信越本線,上越線,上信電鉄が集まり,駅前から中央通りにかけて中心繁華街が形成されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高崎[市]の言及

【群馬[県]】より

…面積=6363.18km2(全国21位)人口(1995)=200万3540人(全国19位)人口密度(1995)=315人/km2(全国21位)市町村(1997.4)=11市32町27村県庁所在地=前橋市(人口=28万4788人)県花=レンゲツツジ 県木=クロマツ 県鳥=ヤマドリ関東地方の北西部を占める内陸県で,栃木,埼玉,長野,新潟,福島の5県に接する。
[沿革]
 群馬県は旧上野国全域にあたり,幕末には前橋藩高崎藩沼田藩,安中藩,館林藩,伊勢崎藩,小幡藩,七日市藩,吉井藩の9藩と約25万石の天領,旗本領とに分かれ,天領を支配する岩鼻陣屋が置かれていた。1868年(明治1)武蔵国南西部を含む旧天領に岩鼻県が新設され,翌年吉井藩を編入した。…

※「高崎[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android