おっかなびっくり(読み)オッカナビックリ

デジタル大辞泉の解説

[副]こわがって、びくびくしながら事をするさま。おそるおそる。こわごわ。「おっかなびっくり馬に乗る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「おっかな」は、形容詞「おっかない」の語幹)
① 意外なことに驚くさま。
※人情本・藪の鶯(1827)上「薄暗(うすっくれ)え所(とけ)えつッ這入(ぺえ)って居ると、眉目美(めめよく)も見(め)えべえが、お月様が出もしゃると、鼻の捥(も)げたを見付(めっか)って、おッかな喫驚(ビックリ)する手合は、ひっちりばったり対手(えて)になんねえ」
② こわがってびくびくしながら物事をするさま。おそるおそる。こわごわ。おっかなびくびく。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「ヘイヘイと周章(あわて)ふためき、草鞋をぬぎそこへ置恐怖(オッカナ)びっくり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android