コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くすむ くすむ

大辞林 第三版の解説

くすむ

( 動五[四] )
色が、黒っぽく、地味である。冴えない色である。 「 - ・んだ茶色」
(人の様子などが)落ち着いている。また、目立たずにいる。 「大人びて何処か-・んだ所が出来た/風流懺法 虚子
目立たずにいる。うずもれる。くすぶる。 「田舎で-・んでいる」
きまじめである。まじめくさる。 「笑へとおほせらるるにより、-・まるる/狂言・筑紫の奥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くすむの関連キーワードセントラルヒーティング会員制リゾートクラブメガネグマ(眼鏡熊)カマキリ(淡水魚)クロガシラガレイがんの放射線療法ジュズカケバトサイバーモール貧者の核兵器スピンロックカニクイザルネットワークスミノエガキ男のつわりチグサガイLD転炉法耆闍崛山合弁事業仮想通貨風流懺法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くすむの関連情報