コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾籠 ビロウ

デジタル大辞泉の解説

び‐ろう【尾籠】

[名・形動]《「おこ(痴)」に当てた漢字「尾籠」を音読みしたもの》
不潔であること。また、そのさま。「食事中、尾籠な話になるが」
わいせつであること。また、そのさま。
「若い女が若い男の帯解いて、さうして後で紙で拭ふとは―至極、疑はしい」〈浄・油地獄
礼儀をわきまえないこと。また、そのさま。無礼。
「殿の御出(ぎょしゅつ)に参り逢うて、乗物より降り候はぬこそ―に候へ」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

尾籠の関連キーワード嗚呼∥烏滸尾籠・尾篭刃物立ておこ物語慇懃無礼語形成脚絆

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾籠の関連情報