コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾籠 ビロウ

1件 の用語解説(尾籠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

び‐ろう【尾籠】

[名・形動]《「おこ(痴)」に当てた漢字「尾籠」を音読みしたもの》
不潔であること。また、そのさま。「食事中、尾籠な話になるが」
わいせつであること。また、そのさま。
「若い女が若い男の帯解いて、さうして後で紙で拭ふとは―至極、疑はしい」〈浄・油地獄
礼儀をわきまえないこと。また、そのさま。無礼。
「殿の御出(ぎょしゅつ)に参り逢うて、乗物より降り候はぬこそ―に候へ」〈平家・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾籠の関連キーワード肩当て鼻に当てる紅殻本字JIS漢字制限漢字指を唇に当てる割当て

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尾籠の関連情報