コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾籠 ビロウ

デジタル大辞泉の解説

び‐ろう【尾籠】

[名・形動]《「おこ(痴)」に当てた漢字「尾籠」を音読みしたもの》
不潔であること。また、そのさま。「食事中、尾籠な話になるが」
わいせつであること。また、そのさま。
「若い女が若い男の帯解いて、さうして後で紙で拭ふとは―至極、疑はしい」〈浄・油地獄
礼儀をわきまえないこと。また、そのさま。無礼。
「殿の御出(ぎょしゅつ)に参り逢うて、乗物より降り候はぬこそ―に候へ」〈平家・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

尾籠の関連キーワード嗚呼∥烏滸尾籠・尾篭刃物立ておこ物語慇懃無礼語形成脚絆

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾籠の関連情報