せっせ

精選版 日本国語大辞典「せっせ」の解説

せっ‐せ

〙 (多く「と」を伴って用いる) 休まず一所懸命に行なうさまを表わす語。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉一六「幾ら捻(つね)られてもせっせと来ます」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「お種は精々(セッセ)と支度をして、やうやう湯を注(さ)す段になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「せっせ」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android