コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょん チョン

デジタル大辞泉の解説

ちょん

[名]
《芝居の終わりに打つ拍子木の音から》物事の終わること。「その問題はこれでちょんだ」
免職になること。くび。
しるしにつける点。ちょぼ。「文中にちょんを打つ」
俗に、頭の悪いこと。また、おろかなこと。
「ばかだの、―だの、野呂間だのと」〈魯文西洋道中膝栗毛
[副]
拍子木の音を表す語。また、拍子木を打つさま。「ちょんと柝(き)がはいる」
刃物などを用いて一気に切るさま。「花の茎をちょんと刈り取る」
動作が敏捷に行われるさま。「石垣にちょんと飛びのる」「文鳥が肩にちょんと止まる」
力を入れずに軽く物事を行うさま。「紙飛行機を指でちょんと飛ばす」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょん

句読点・傍点など、何かの印として打つ点。点。
〔芝居で幕切れに拍子木を打つことから〕 物事の終わり。幕切れ。おしまい。 「事件はあっけなく-になった」
「馘首かくしゆ」「解雇」の意を俗にいう語。 「人員整理で-になった」
〔俗語〕 一人前以下であること。 「ばかだの、-だの、野呂間だのと/西洋道中膝栗毛 魯文」 → ちょんと

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちょんの関連キーワード鹿児島県大島郡瀬戸内町諸鈍京山恭安斎(初代)津軽じょんがら節ちょんちょこりんトム・ブラウンちょんがれ坊主ちょんがれ節高折 寿美子ちょんちょんちょんぼり意気ちょんごぜえやす阿呆陀羅経笑福亭晃瓶布川ひろき矢松亜由美ちょんまげ松浪 米蔵ちょんびりえんがちょ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょんの関連情報