コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北浦[町] きたうら

百科事典マイペディアの解説

北浦[町]【きたうら】

茨城県南東部,行方郡の旧町。1997年10月,北浦村から町制北浦の北西岸にあり,町域の大部分は行方台地上にある。古くから平地林の開墾が進み,サツマイモ葉タバコラッカセイミツバなどが生産されている。近年はチンゲンサイが全国1位,大葉が同2位の出荷量。北浦ではワカサギ,フナなどが漁獲される。北浦対岸の鉾田市との間に鹿行大橋がかかる。2005年9月,行方郡麻生町,玉造町と合併し市制,行方市となる。54.70km2,1万691人(2003)。

北浦[町]【きたうら】

宮崎県北東端,日向灘(ひゅうがなだ)に臨む東臼杵(ひがしうすき)郡の旧町。市振(いちぶり),宮野浦などの漁港を中心にイワシ漁,ハマチ養殖が盛ん。沖合の高島にビロウ自生地(天然記念物)がある。2006年2月東臼杵郡北方町と延岡市へ編入。103.47km2。4936人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたうら【北浦[町]】

茨城県南東部,行方(なめがた)郡の町。人口1万0920(1995)。北浦北西岸にあり,町域の大部分は行方台地上にある。台地上では古くから平地林の開墾が進み,サツマイモ,葉タバコ,ラッカセイ,ミツバなどが生産されたが,近年はトマト,メロンなどの生産がふえ,養鶏,養豚も盛ん。北浦沿岸の水田ではセリやれんこんの栽培が行われる。北浦の内水面漁業はワカサギの水揚高が減り,コイの養殖がふえている。北浦対岸の鹿島郡大洋村との間に鹿行(ろつこう)大橋がかかる。

きたうら【北浦[町]】

宮崎県北東端,東臼杵郡の町。人口4764(1995)。北は大分県に接し,南東は日向灘に面する。主な集落古江,市振,宮野浦,三川内で,近世を通じて延岡藩に属した。町域の大半は山地で占められ,山間部の中央を占める三川内地区には北川の支流小川が西流し,米作を中心にタバコ,シイタケ栽培など農林業が営まれる。リアス海岸をなす海岸部には古江などの集落が発達し,市振漁港を拠点に沿岸漁業が行われるほか,ハマチの養殖や水産加工業が盛ん。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

北浦[町]の関連キーワード延岡市行方市

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android