コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原町[市] はらまち

百科事典マイペディアの解説

原町[市]【はらまち】

福島県浜通り北部の旧市。1954年市制。中心の原町(はらのまち)は相馬地方の中央に位置し,陸前浜街道宿駅として発達常磐線が通じる。米,タバコなどの農業を主とするが,経営規模は小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はらまち【原町[市]】

福島県北東部,浜通り北部の市。1954年市制。人口5万0087(1995)。市域は大部分が新田(にいだ)川と太田川の流域に含まれ,西半が阿武隈高地に,東半が浜通り低地帯に属し,東は太平洋に臨む。中心市街地は,1645年(正保2)相馬藩陣屋が置かれ,浜街道の宿駅としてしだいに整備された集落で,雲雀ヶ原ひばりがはら)の北に接していたので原ノ町と称された。1898年常磐線が開通し,機関庫を置く原ノ町駅が開設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原町[市]の関連キーワード野馬追

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android