問屋(といや)(読み)といや

日本大百科全書(ニッポニカ)「問屋(といや)」の解説

問屋(といや)
といや

概して上方(かみがた)では「といや」と読み、江戸では「とんや」と読まれた。江戸時代以降、一般化した卸売(おろしうり)商人の呼称で、中世における問(とい)・問丸(といまる)・津屋(つや)の系譜を引く。中世の問・問丸においては商品取扱業・運送業・倉庫業が未分化であったが、江戸時代になると分化が進み、問屋は主として商品取扱業務に従事するようになり、江戸時代の流通組織のなかで中核的役割を果たした。本来の問屋は荷主から委託を受けた貨物仲買人に売りさばくことを本務とするものであった。この種の問屋は荷受問屋とよばれ、それから貨物を自己の計算で買い取って小売商へ売る仲買人と截然(せつぜん)と区別されていた。商品によっては、荷主と問屋との間に仲買人が、問屋と仲買人との間に牙儈(すあい)・鳶(とび)とよばれる仲介人が介在する場合もあった。荷受問屋はある特定の領国のさまざまな商品を一手に取り扱う国問屋や諸物品問屋に多く、大坂に成立した薩摩(さつま)問屋・土佐問屋・松前問屋などの国問屋はその例である。

 一つの問屋が雑多な商品を取り扱う場合には、問屋が小売商に直接卸売りするのは困難であったから、委託販売を主とする荷受問屋の形態をとることが普通であったが、商品流通が発達するとともに商品ごとの専業問屋が現れ、委託販売から一歩進んで自己の計算で荷主から商品を仕入れ、小売商または仲買人に再販売する問屋が現れるようになった。この問屋は仕切込(しきりこみ)問屋とよばれ、これは仲買的機能も有していたから、問屋と仲買人との区別も判然としなくなった。大坂では比較的近在の諸国からの商品の取扱いを主とする問屋、特定商品を扱う専業問屋などにそれが多かった。砂糖問屋、米問屋、藍玉(あいだま)問屋、生蝋(きろう)問屋などはその例である。問屋は商品売買を主業務とするものであるが、物資に若干の手工的加工をなしたうえで販売を行ったり、生産者に原料・用具・資金を供給してこれを援助するなど、生産的機能をもつものも少なくなかった。これらは加工問屋とよばれる。また、中央都市の大問屋は生産者や小売商に前貸しあるいは延べ払いという形態での信用を供与することも多く、この問屋金融が問屋を中心とする流通機構の基礎の一つとなっていた。問屋の多くは株仲間組織を結成したが、大坂の二十四組問屋と江戸の十組問屋は著名である。前者は大坂から江戸へ貨物を送る問屋であり、後者は江戸でそれを買い込む問屋であった。問屋の株仲間は天保(てんぽう)の改革時に解散されたが、1851年(嘉永4)復活した。

[宮本又郎]

『宮本又次著『近世問屋制度の研究』(1954・三和書房)』『宮本又次著『近世商業経営の研究』(1971・清文堂出版)』『林玲子著『江戸問屋仲間の研究』(1968・御茶の水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android