国見[町](読み)くにみ

百科事典マイペディアの解説

国見[町]【くにみ】

福島県北部,福島盆地北端の伊達(だて)郡の町。中心の藤田は奥州街道宿駅として発達,東北本線東北自動車道が通じる。米作,果樹栽培を行う。源頼朝が奥州藤原氏を征討した文治の役(1189年)の古戦場がある。東日本大震災で,町内において被害が発生。37.95km2。1万86人(2010)。

国見[町]【くにみ】

長崎県南高来(みなみたかき)郡,島原半島北部の旧町。雲仙火山北麓にあり,北は有明海に面する。古代の郡衙(ぐんが)の所在地と推定され,古集落遺跡,条里制遺構が残存。島原鉄道が通じ,多比良(たいら)港と対岸の熊本県長洲港の間にフェリーボートが就航。米,麦,イチゴ,メロンを産し,林業,沿岸漁業も行う。2005年10月,西高来郡瑞穂町,吾妻町,愛野町,千々石町,小浜町,南串山町と合併し市制,雲仙市となる。38.20km2。1万1798人(2003)。

国見[町]【くにみ】

大分県国東(くにさき)半島北部,東国東郡の旧町。町域の大部分は山地,丘陵地。周防(すおう)灘にそそぐ河川に沿って集落がある。葉タバコ,ミカンの栽培が盛んで,水産業も行う。竹田津は良港をもち,周南市と結ぶ周防灘フェリーが発着。2006年3月,東国東郡国東町,武蔵町,安岐町と合併し市制,国東市となる。72.91km2。5824人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くにみ【国見[町]】

福島県北部,伊達郡の町。人口1万1736(1995)。中通り最北端にあり,宮城県白石市に隣接する。町の南部は阿武隈川北岸の低地が占め,北部は丘陵からなる。町名は厚樫山の古名国見山にちなむ。古くから交通の要地で,中心の藤田は奥州街道の宿場町として発達,蚕糸絹織物集散地でもあった。町中央を東北本線,国道4号線,東北自動車道が縦断し,国見インターチェンジがある。主産業は農業で,かつては米作,養蚕が中心であったが,近年は桃,リンゴなど果樹園芸に移行している。

くにみ【国見[町]】

長崎県南東部,南高来郡の町。1956年多比良町と土黒(ひじくろ)村が合体して国見町となり,57年神代(こうじろ)村を編入。人口1万1847(1995)。島原半島の北端に位置し,有明海に面する。沿岸部を島原鉄道と国道251号線が走る。江戸時代は東部の多比良・土黒地区は島原藩領,西部の神代地区は佐賀藩領に属し,このため両地区には現在も方言や風俗にちがいがみられる。農漁業を基幹とし,米作のほか野菜,果樹の栽培,畜産などが行われ,ノリの養殖も盛ん。

くにみ【国見[町]】

大分県北部,東国東(ひがしくにさき)郡の町。人口6138(1995)。国東半島北端に位置する。南部山地より北流して周防灘に注ぐ竹田津川,伊美川,岐部川などの沿岸に水田が開かれ,集落が立地する。海岸一帯は屈曲の多いリアス海岸で,徳山市と結ぶ周防灘フェリーの発着する竹田津港,姫島との定期船がある伊美港をはじめ良港が多く,漁業や観光の基地となっている。農業では米,タバコ,シイタケなどを産するほか,1963年以来ミカン栽培に重点をおいている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android