コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大夫・太夫 たゆう

1件 の用語解説(大夫・太夫の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たゆう【大夫・太夫】

〔五位の通称「たいふ」から転じた語〕
能楽の観世・金春・宝生・金剛各流シテ方の家元の称号。
浄瑠璃の語り手の称。三味線引きにもいう。義太夫・嘉太夫などと芸名に添えても用いる。
歌舞伎で、女方の敬称。
江戸吉原など官許の遊郭で、最高位の遊女の称。明和(1764~1772)以降消滅。
万歳まんざいの主となる方。 → 才蔵
神主・禰宜ねぎなどの神職の称。
神社の御師おしの称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone