早足・速歩(読み)はやあし

大辞林 第三版の解説

普通より速く歩くこと。いそぎ足。そくほ。 -で歩く
馬術で、馬の歩度。一分間210メートルの速度。並み足と駆け足の中間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 歩くのが速いこと。健脚であること。また、速く歩くわざ。
※平治(1220頃か)下「天狗と夜々兵法を習ふと、〈略〉されば早足、飛び越え、人間の業とは覚えず」
② 急いで歩くこと。いそぎあし。
※漢書列伝綿景抄(1467頃)酈陸朱劉叔孫第一三「早足では二日ばかりでもいかうぞ」
③ (速歩) 歩行法の一つ。旧軍隊では、時速五キロメートル強程度の正規の歩法をいう。踵(かかと)から踵までの一歩の長さを七五センチメートルとすることを基準とし、一分間に一一四歩の速度で規定の姿勢で歩くこと。そくほ。
※歩兵操典 第二編(1890)〈河村隆實〉生兵之部「早歩(ハヤアシ)に於て一歩の長さは」
④ (速歩) 馬術で、馬の歩度の一つ。一分間に二一〇メートル進むのを基準とする駆け方。並足(なみあし)と駆足(かけあし)の中間の歩度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android