コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日[町] かすが

百科事典マイペディアの解説

春日[町]【かすが】

兵庫県東部,由良川の支流竹田川上流部の氷上(ひかみ)郡の旧町。主集落は福知山線,舞鶴若狭自動車道が通じる黒井米作酪農を中心とし,丹波ナス,花木などを栽培,ナシ園などの観光農業も行う。

春日[町]【はるひ】

愛知県北西部,西春日井(にしかすがい)郡の旧町。中央部を五条川が南流する。宮重(みやしげ)ダイコンの特産地であったが,ホウレンソウニンジンなどの栽培が盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かすが【春日[町]】

兵庫県氷上郡の町。人口1万2963(1995)。県東部に位置し,北東は京都府に接する。由良川支流竹田川の上流域にあり,川沿いに水田が広がるほかは山地が大部分を占める。中心集落はJR福知山線の駅のある黒井で,中世に赤松氏,赤井氏が拠った黒井城跡がある。稲作と酪農を中心とする農業が主産業で,丹波ナスの産地としても知られ,観光梨園などもある。舞鶴自動車道の春日インターチェンジができ,京阪神方面との時間距離が大幅に短縮した。

はるひ【春日[町]】

愛知県西部,西春日井(にしかすがい)郡の町。人口7570(1995)。1990年町制。濃尾平野の中央部に位置し,町域の中央部を五条川が南流する。肥沃な沖積低地が広がり,農業の盛んな地域で,尾張ダイコンの特産地として知られてきたが,1970年ころからはニンジン,ホウレンソウなどの栽培に転換しつつあり,酪農や養鶏も営まれている。名古屋市一宮市の中間に位置し,1963年名神高速道路一宮インターチェンジに通じる国道22号線(名岐バイパス)が開通して,自動車関係,繊維,食品などの工場の進出や住宅建設が進み,人口が増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android