凄い(読み)スゴイ

デジタル大辞泉「凄い」の解説

すご・い【凄い】

[形][文]すご・し[ク]
ぞっとするほど恐ろしい。非常に気味が悪い。「—・い目でにらむ」
びっくりするほど程度がはなはだしい。並外れている。大層な。「—・い人気」「—・いプレー」「—・い秀才」「—・い散らかりよう」→凄く[補説]
[派生]すごさ[名]すごみ[名]
[用法]すごい・ひどい——「すごい(ひどい)嵐」「すごい(ひどい)寒さ」「すごく(ひどく)速い」など、はなはだしいの意では通じて用いられる。◇「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。また「すごい評判だ」「すごいあばら家」などプラス、マイナス両面の評価に使う。◇「ひどい」は「ひどい人」「ひどい仕打ち」「ひどいことを言う」のように、マイナス評価について用いられる。◇俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある。
[類語](2ひどい激しいきつい厳しいとても非常大層大変異常極度けた外れ桁違い並み外れ格段著しい甚だしいものすごい計り知れない恐ろしいえらい途方もない途轍とてつもないこの上ない筆舌ひつぜつに尽くしがたい言語げんごに絶する言語ごんごに絶する並並なみなみならぬ極めて至って甚だすこぶ至極しごくごくいとも実にまことに大いにいたく・ひどく・恐ろしくものすごく滅法めっぽう凄まじい強いどぎつい手ひどい手厳しい辛辣猛烈痛烈強烈苛烈熾烈しれつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android