コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凄い スゴイ

2件 の用語解説(凄いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すご・い【凄い】

[形][文]すご・し[ク]
ぞっとするほど恐ろしい。非常に気味が悪い。「―・い目でにらむ」
びっくりするほど程度がはなはだしい。大層なものだ。「―・い人気」
(連用形を副詞的に用いて)程度のはなはだしいことを表す。「―・く寒い」「―・くおもしろい」
[派生]すごさ[名]すごみ[名]
[用法]すごい・ひどい――「すごい(ひどい)嵐」「すごい(ひどい)寒さ」「すごく(ひどく)速い」など、はなはだしいの意では相通じて用いられる。◇「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。また「すごい評判だ」「すごいあばら家」などプラスマイナス両面の評価に使う。◇「ひどい」は「ひどい人」「ひどい仕打ち」「ひどいことを言う」のように、マイナス評価について用いられる。◇俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すごい【凄い】

( 形 ) [文] ク すご・し
ぞっとするほど恐ろしく思う。たいそう気味が悪い。 「 - ・い目つきでにらまれる」 「 - ・い絶壁」
常識では考えられないほどの能力・力をもっている。並はずれている。 「 - ・い怪力」 「 - ・い根性」
恐ろしいほどすぐれている。ぞっとするほどすばらしい。 「 - ・い性能の車」 「 - ・い腕前」 「 - ・い美人」
程度がはなはだしい。 「デパートは-・いこみようだ」 → すごく(凄く)
ひどくものさびしい。ぞっとするほど荒涼としている。 「かれがれなる虫の音に松風-・く吹きあはせて/源氏 賢木」 「古畑の岨そばの立つ木にゐる鳩の友呼ぶ声の-・き夕暮/新古今 雑中
ぞっと身にしみて寒気を感じるようだ。鬼気迫るようなおそろしさだ。 「あたりさえ-・きに、板屋のかたはらに堂建てて行へる尼の住まひ/源氏 夕顔」 〔 (1) 心に強い衝撃を受けて、ぞっと身にしみるさまの意が原義。平安時代から見える語で、良い意味でも悪い意味でも用いられた。近代以降、心理的圧迫感を伴わない用法が生じた。 (2) 類義の語の「ひどい」に似ているが「ひどい」は多く好ましくない物事について用いられ、程度が普通ではない意。それに対して「すごい」は驚くほど程度がはなはだしい意で、好ましい物事、好ましくない物事いずれにも用いられる〕
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凄いの関連キーワード義理強い小寒い嫉妬深い酸い凄み図太い酷い物凄い心寒い肌寒い

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凄いの関連情報