コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥[町] しろとり

4件 の用語解説(白鳥[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白鳥[町]【しろとり】

岐阜県中西部,郡上(ぐじょう)郡の旧町。飛騨高地南西部,長良川の上流域を占め,中心集落は白川街道(国道156号線)と越前街道(国道158号線)が分かれる交通要地で,長良川鉄道が通じる。

白鳥[町]【しろとり】

香川県東部,大川郡の旧町。北西は播磨(はりま)灘に面し,湊川の流域を占める。中心集落は白鳥神社鳥居前町として栄えた。手袋製造の中小工場が多く,農業も営む。高徳線が通じ,ランプロファイア岩脈,ウバメガシ(いずれも天然記念物)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しろとり【白鳥[町]】

岐阜県中西部,郡上((ぐじょう))郡の町。人口1万2859(1995)。長良川上流域に位置する。西は両白山地を境に福井県と接する。北西部の両白山地は日本海側への分水界をなし,九頭竜川最上流部の支流石徹白(いとしろ)川が源を発して福井県側へ流下する。町内には白山開祖泰澄の創設と伝える長滝(ちようりゆう)寺(白山中宮)があり,白山信仰の東海方面の拠点美濃馬場として栄えた。国道156号線(白川街道)と157号線(越前街道)の分岐点で,長良川鉄道線も通る。

しろとり【白鳥[町]】

香川県東部,大川郡の町。人口1万3183(1995)。瀬戸内海に注ぐ湊川の流域を占め,町域は東西に細長い。北は瀬戸内海に面し,南は徳島県に接する。湊川河口東側から鹿浦越(しかうらごえ)岬まで美しい弧を描いて砂浜が発達し,岬の先端には天然記念物ランプロファイヤ(煌斑岩)の岩脈が露出している。砂浜海岸の一部が老松茂る白鳥松原で,それを背景に白鳥神社が鎮座する。社伝によると日本武尊の霊が白鳥となってここに飛来したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白鳥[町]の関連キーワード坂本峠郡上踊郡上市郡上キングジョン城郡上節天具帖東氏胤東行氏宗広力三

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone