コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥[町] しろとり

百科事典マイペディアの解説

白鳥[町]【しろとり】

岐阜県中西部,郡上(ぐじょう)郡の旧町。飛騨高地南西部,長良川の上流域を占め,中心集落は白川街道(国道156号線)と越前街道(国道158号線)が分かれる交通要地で,長良川鉄道が通じる。製材や木工の工場が多い。北部は白山(はくさん)国立公園に含まれる。石徹白(いとしろ)の大スギ(特別天然記念物)や,油坂,白鳥などのスキー場がある。2004年3月郡上郡八幡町,大和町,高鷲村,美並村,明宝村,和良村と合併し,郡上市となる。197.43km2。1万2864人(2003)。

白鳥[町]【しろとり】

香川県東部,大川郡の旧町。北西は播磨(はりま)灘に面し,湊川の流域を占める。中心集落は白鳥神社の鳥居前町として栄えた。手袋製造の中小工場が多く,農業も営む。高徳線が通じ,ランプロファイア岩脈ウバメガシ(いずれも天然記念物)がある。2003年4月,引田町,大内町と合併して東かがわ市となる。70.59km2。1万2965人(2000)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろとり【白鳥[町]】

岐阜県中西部,郡上((ぐじょう))郡の町。人口1万2859(1995)。長良川上流域に位置する。西は両白山地を境に福井県と接する。北西部の両白山地は日本海側への分水界をなし,九頭竜川最上流部の支流石徹白(いとしろ)川が源を発して福井県側へ流下する。町内には白山開祖泰澄の創設と伝える長滝(ちようりゆう)寺(白山中宮)があり,白山信仰の東海方面の拠点美濃馬場として栄えた。国道156号線(白川街道)と157号線(越前街道)の分岐点で,長良川鉄道線も通る。

しろとり【白鳥[町]】

香川県東部,大川郡の町。人口1万3183(1995)。瀬戸内海に注ぐ湊川の流域を占め,町域は東西に細長い。北は瀬戸内海に面し,南は徳島県に接する。湊川河口東側から鹿浦越(しかうらごえ)まで美しい弧を描いて砂浜が発達し,岬の先端には天然記念物ランプロファイヤ(煌斑岩)の岩脈が露出している。砂浜海岸の一部が老松茂る白鳥松原で,それを背景に白鳥神社が鎮座する。社伝によると日本武尊の霊が白鳥となってここに飛来したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android