コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫黄島(鹿児島) いおうじま

1件 の用語解説(硫黄島(鹿児島)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

硫黄島(鹿児島)【いおうじま】

九州,薩摩半島南方45kmにある面積11.65km2の火山島(活火山)。竹島,黒島とともに鹿児島県鹿児島郡三島村(31.36km2,500人,2000)を構成,俊寛らの流刑地といわれ,鬼界ヶ島ともいう。
→関連項目大隅諸島川辺十島文観

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

硫黄島(鹿児島)の関連キーワード小笠原小笠原大蝙蝠伊豆小笠原海溝小笠原守宮小笠原群島小笠原新聞おがさわら丸オガサワラゼミ小笠原貞幹小笠原棟幹

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone