筆舌に尽くし難い(読み)ヒツゼツニツクシガタイ

デジタル大辞泉の解説

筆舌(ひつぜつ)に尽くし難(がた)・い

あまりにはなはだしくて、文章や言葉ではとても表現できない。「この無念さは―・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつぜつにつくしがたい【筆舌に尽くし難い】

文章や言葉で十分に表現しきれない。物事の程度が甚だしいことをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひつぜつ【筆舌】 に 尽(つ)くし難(がた)

文章やことばではとても表現できない。なんとも表現のしようがない。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆舌に尽くし難いの関連情報