並並(読み)ナミナミ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
なみひととおりであること。また、そのさま。多く、打消しの語を伴って用いる。「並並ならぬ苦労」「並並でない才能」
同列・同等であること。ひとしなみ。
「何すと違ひは居らむ否(いな)も諾(を)も友の―われも依りなむ」〈・三七九八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 同類であること。同じ程度であること。また、そのさま。ひとしなみ。
※万葉(8C後)一六・三七九八「何すと違ひは居らむ否(いな)も諾(を)も友の波々(なみなみ)我も寄りなむ」
※源氏(1001‐14頃)総角「なべてに思す人の際は、宮仕へのすぢにて、中々心やすげなり。さやうのなみなみには思されず」
② 良くもなく悪くもないこと。ありきたりであること。通りいっぺんであること。尋常であること。また、そのさま。打消を伴って、普通以上である、すぐれているなどの意で用いる。
※万葉(8C後)一一・二四七一「山城の泉の小菅凡浪(なみなみ)に妹が心を吾が思はなくに」
※徒然草(1331頃)一〇五「なみなみにはあらずと見ゆる男、女となげしに尻かけて、物語するさまこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android