赤坂(読み)あかさか

  • 岐阜県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岐阜県大垣市北西部の一地区。旧赤坂町。JR東海道本線が通じる。古くは東山道(とうさんどう)筋にあたり、江戸時代には中山道(なかせんどう)の宿場町であった。北の金生(きんしょう)山(217メートル)は化石の多い秩父中・古生層の山であり、埋蔵量の豊富な石灰石は、リン、硫黄(いおう)などが少なく高品位で、採掘が盛んである。また、ここから産した大理石の加工から発展した大理石製造も行われているが、原石は国内外からの移輸入に頼っている。金生山の南部の勝山(かちやま)(御勝山)は、関ヶ原の戦いのとき徳川家康の本陣となった所である。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤坂の関連情報