コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛[温泉] なまり

1件 の用語解説(鉛[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なまり【鉛[温泉]】

岩手県花巻市にある温泉。単純泉,43~45℃。花巻温泉郷に含まれ,豊沢川の渓谷にのぞむ景勝地に湧く。宝暦年間(1751‐64)の開湯と伝え,盛岡藩主も訪れたといわれる。大正末期,花巻電鉄鉛線(1972廃止)が温泉近くまで敷設されてから遠方の浴客も訪れるようになった。田宮虎彦の《銀心中》の舞台として知られ,湯治場の風情を残す一軒宿がある。上流には新鉛温泉(ボウ硝泉,51℃),西鉛温泉がある。【榊原 貴士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone