コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸・碌 ろく

大辞林 第三版の解説

ろく【陸・碌】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
下に打ち消しの語を伴って、物事の正常でないこと、まともでないこと、満足できる状態でないこと、また、そのさまを表す。
(「ろくな」の形で)大した(…ない)。まともな(…ない)。 「 -な人間でない」 「子供に-なこともしてやれない」 「さぼってばかりだと-なことにならないぞ」
(「ろくに」の形で)十分に(…ない)。満足に(…ない)。 「 -に手紙も書けない」 「口も-にきけない」 「 -に休む暇もない」
地面などが水平なこと。平坦なこと。また、そのさま。 「岩角を-にならして柱立て/大句数」
きちんとしている・こと(さま)。 「此のかけ物も-にかけてもらひたい/狂言・乳切木」
気分がくつろいでいる・こと(さま)。 「さあ、-にゆるりとゐやと/浄瑠璃・重井筒 」 〔「ろく」は「陸」の呉音。水平なさまをいうのが原義。「碌」は当て字〕
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陸・碌の関連キーワード陸に・碌に陸な・碌な

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android