雄勝(読み)おがつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄勝(宮城県)
おがつ

宮城県東部、桃生郡(ものうぐん)にあった旧町名(雄勝町(ちょう))。現在は石巻(いしのまき)市の東端を占める地域。1941年(昭和16)十五浜(じゅうごはま)村が町制施行して町名を雄勝町とした。2005年(平成17)石巻市に合併。旧町域は牡鹿(おしか)半島基部にあって、山地が海岸に迫り、主産業は雄勝港を中心とする漁業で、就業人口の30%近くを占めている。また中生代の粘板岩がスレート瓦(かわら)、硯(すずり)に加工され、とくに硯は全国生産額の90%を占める。国の伝統的工芸品に指定され、1990年(平成2)に雄勝硯伝統産業会館、1998年に雄勝石ギャラリーが開館している。かつては船が主要な交通手段であったが、近年、国道398号など道路網が整備されたため孤立性が解消されつつある。雄勝湾内の呉壺(くれつぼ)は支倉常長(はせくらつねなが)らの遣欧使節船の建造地である。海岸一帯は三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に含まれ、八景島(やけいじま)の暖地性植物群落は国指定天然記念物。また、600年以上の伝統をもつ法印神楽(かぐら)は国指定重要無形民俗文化財。[境田清隆]
『『雄勝町史』(1966・雄勝町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄勝の関連情報