高松(市)(読み)たかまつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高松(市)
たかまつ

香川県中央部、瀬戸内海に面した港湾都市。県庁所在地。1890年(明治23)市制施行。1914年(大正3)香川郡宮脇(みやわき)村、1921年同郡東浜、栗林(りつりん)の2村、1940年(昭和15)同郡鷺田(さぎた)、太田の2村、木田郡屋島(やしま)町と古高松(ふるたかまつ)、木太(きだ)の2村、1956年香川郡仏生山(ぶっしょうざん)、香西(こうざい)の2町と一宮(いちのみや)、多肥(たひ)、川岡、円座(えんざ)、檀紙(だんし)、弦打(つるうち)、上笠居(かみかさい)、下笠居、雌雄島(しゆうじま)の9村、木田郡前田、川添(かわぞえ)、林、三谷(みたに)の4村、1966年木田郡山田町を編入し、高松平野のほとんどを市域に収めた。2005年(平成17)塩江(しおのえ)、2006年庵治(あじ)、香川、香南(こうなん)、国分寺(こくぶんじ)、牟礼(むれ)の5町を編入。高松平野の東部には屋島、西部には五色台(ごしきだい)(国分台(こくぶだい))の開析溶岩台地があり、瀬戸内海の女木(めぎ)島、男木(おぎ)島、大槌(おおづち)島の南半なども市域に含まれる。高松平野は香東(こうとう)川を中心に、春日(かすが)川、御坊(ごぼう)川、新(しん)川などの河川のつくった扇状地状三角州で、かつては高松市街の中央を香東川支流が流れ洪水を繰り返した。17世紀前半に高松藩(生駒(いこま)氏)の西島八兵衛(はちべえ)(津藩藤堂家から派遣)の努力により、香東川の現流路への固定化が成功した。現在も中央通り一帯は砂礫(されき)層で、地下水も質・量ともによく、旧河床跡を示している。

 面積375.41平方キロメートル、人口42万0748(2015)。なお明治末の人口は約4万6000であった。

[坂口良昭]

歴史

現在の古高松一帯は平安初期の高松郷の地。1587年(天正15)生駒親正(ちかまさ)が讃岐(さぬき)一国の領主として入封、1588~1590年に箆(野)原荘(のはらのしょう)の海に臨んだ地に城を築き高松城(玉藻城(たまもじょう))と名づけた。高松城は全国でも珍しい水城で、三重の堀があり、堀内に重臣の屋敷、堀外の西側に侍屋敷、東側と南側に町屋が置かれた。城は讃岐のほぼ中央にあり、その後の高松の発展を考えると生駒氏の立地選定は正しかったといえる。第二次世界大戦で市街の80%が爆撃で焼失、戦災復興計画で近代都市化したが、基本的土地利用は城下町当時のままである。生駒氏は御家(おいえ)騒動のため1640年(寛永17)出羽(でわ)国矢島1万石に移され、1642年に常陸(ひたち)から松平氏が入封、明治維新まで東讃12万石の城下として栄えた。

[坂口良昭]

交通・産業

1910年(明治43)宇高(うこう)連絡船が就航、高松港は四国の玄関口となった。鉄道の敷設もすこしずつ伸展したが、トンネル工事の遅れなどのため他の3県都と結ばれたのは昭和になってからで、予讃線により松山市まで通じたのが1927年(昭和2)、高徳線により徳島市、土讃線により高知市まで通じたのは1935年である。私鉄は高松琴平(ことひら)電気鉄道の志度(しど)線、長尾(ながお)線がさぬき市まで、琴平線が琴平町までそれぞれ通じている。道路は国道11号、30号、32号、193号、377号が通じ、高松自動車道の高松西、高松中央などのインターチェンジがある。1988年瀬戸大橋開通により、JR連絡線は廃止されたが、本州との連絡は便利になり、人、物の交流が進んでいる。1989年、香南町に開港した新高松空港(現、高松空港)は東京、成田、那覇、ソウル、上海、香港、台北への路線がある。第二次世界大戦後、中央官庁の出先機関が高松市に置かれ、続いて日本経済の高度成長とともに大企業の四国支店が進出し、四国全体の中枢管理都市に発展した。ビルが林立し、四国第一の近代的都市となっている。四国全体の卸売販売額の約3分の1を占めるのも支店の多いことによる。近代工業は特徴的なものはないが、在来工業として製紙業と漆器工業があり、蒟醤(きんま)などの香川漆器は伝統的工芸品に指定されている。林町(旧高松空港跡)のインテリジェントパークには県立図書館や公・民の研究施設が集中、総合コンベンション施設サンメッセ香川もある。また浜ノ町(旧宇高連絡船桟橋跡)のサンポート高松(港頭地区再開発)は1991年着工、2004年3月にオープンした。高松港と岡山県宇野港、高松東港と神戸港・新港フェリーターミナルを結ぶなどの旅客船航路がある。

[坂口良昭]

文化・観光

高松城跡(国指定史跡)は玉藻公園として開放されている。北之丸月見櫓(つきみやぐら)などは国指定重要文化財。特別名勝栗林公園は藩主生駒氏、松平氏が造園した池泉回遊式庭園。栗林公園の西方には溶岩台地の石清尾山(いわせおやま)があり、北麓(ろく)に京都の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)から勧請(かんじょう)した石清尾八幡神社が鎮座する。石清尾山一帯の積石塚古墳群は国の史跡に指定されている。源平の合戦で名高い屋島(292メートル)は典型的な開析溶岩台地として知られ国指定史跡・天然記念物。台地上には四国八十八か所第84番札所の屋島寺がある。屋島の南麓には四国各地から移築した民家・茶堂・砂糖しめ小屋などのある四国民家博物館(四国村)がある。このほか四国八十八か所第80番札所国分寺、82番根香(ねごろ)寺、83番一宮寺、85番八栗(やくり)寺、松平氏の菩提(ぼだい)寺法然寺、庄屋(しょうや)を勤めた小比賀(おびか)家住宅(国指定重要文化財)、県立讃岐民芸館などがある。県立歴史博物館を中心として2008年に再編された県立ミュージアムは、分館として香川県文化会館、県立瀬戸内海歴史民俗資料館を有し、香川の文化的拠点となっている。屋島、五色台、男木島、女木島などは瀬戸内海国立公園域。

 市内の観光地のなかで、過去最多の観光客を集めたのは、1972年(昭和47)、山陽新幹線の終点が岡山駅であったときの屋島で、年間246万人であった。ついで、瀬戸大橋が開通した1988年の栗林公園が218万人である。本州四国連絡橋の神戸―鳴門(なると)ルート、尾道(おのみち)―今治(いまばり)ルートが開通したことで、観光客獲得に力が入れられている。

[坂口良昭]

『『新修高松市史』全38巻(1964~1969・高松市)』『『高松の歴史と風土』(1979・高松市立図書館)』『『高松市史』(1986・臨川書店)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android