コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《易》 えき

世界大百科事典内の《易》の言及

【文王】より

…しかし周族の勢力の伸長は殷の紂王(ちゆうおう)の警戒心をよびおこし,文王は羑里(ゆうり)にとらわれることになる。この捕囚の間に文王は《易》の六十四卦を整備したという。釈放のあとも文王は徳治によって近隣の諸国を懐(なつ)け,また都を豊(西安市西部)に移した。…

※「《易》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《易》の関連キーワード周易参同契低融点合金安し・易し河図洛書太平御覧九宮貴神簀を易う一陽来復可融合金復性説イー川五行易白楽天先天図参同契易博士神農洪範馬融周易

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《易》の関連情報