コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ(遺跡) マリ

1件 の用語解説(マリ(遺跡)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マリ(遺跡)【マリ】

シリア東部,ユーフラテス川中流右岸にあるメソポタミア文明の都市遺跡。現在名はテル・ハリリフランスの調査隊による1933年―1939年の発掘で,先史時代ジャムダット・ナスル期(前3000年ころ)からマリ王朝を経てササン朝時代に至る遺跡が明らかになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マリ(遺跡)の関連キーワードウルチグリス川ナジャフバビロニアユーフラテス川九江バラナシカルケミッシュシリアルインターフェースユーフォリア

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリ(遺跡)の関連情報