コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ(遺跡) マリ

百科事典マイペディアの解説

マリ(遺跡)【マリ】

シリア東部,ユーフラテス川中流右岸にあるメソポタミア文明の都市遺跡。現在名はテル・ハリリ。フランスの調査隊による1933年―1939年の発掘で,先史時代ジャムダット・ナスル期(前3000年ころ)からマリ王朝を経てササン朝時代に至る遺跡が明らかになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

マリ(遺跡)の関連キーワード世界のおもな美術館メソポタミア文明ジッグラトアレッポマリ文書楔形文字

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android