コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ(遺跡) マリ

百科事典マイペディアの解説

マリ(遺跡)【マリ】

シリア東部,ユーフラテス川中流右岸にあるメソポタミア文明の都市遺跡。現在名はテル・ハリリ。フランスの調査隊による1933年―1939年の発掘で,先史時代のジャムダット・ナスル期(前3000年ころ)からマリ王朝を経てササン朝時代に至る遺跡が明らかになった。代表的なのは前18世紀のバビロン第1王朝時代のジムリリム王の宮殿跡(中庭と260余の室をもつ)で,他にダガン神殿や初期王朝時代のイシュタル神殿,ジッグラトなどの遺構が残る。バビロン第1王朝時代の〈マリ文書〉と呼ばれる楔形(くさびがた)文字の記された約2万枚の小板など,重要な遺物も多数出土。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android