コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ(遺跡) マリ

百科事典マイペディアの解説

マリ(遺跡)【マリ】

シリア東部,ユーフラテス川中流右岸にあるメソポタミア文明の都市遺跡。現在名はテル・ハリリ。フランスの調査隊による1933年―1939年の発掘で,先史時代ジャムダット・ナスル期(前3000年ころ)からマリ王朝を経てササン朝時代に至る遺跡が明らかになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

マリ(遺跡)の関連キーワード世界のおもな美術館メソポタミア文明ジッグラトアレッポマリ文書楔形文字

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マリ(遺跡)の関連情報