コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア[エジプトの] Mary of Egypt

1件 の用語解説(マリア[エジプトの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マリア[エジプトの]【Mary of Egypt】

5世紀,エジプト出身の伝説上の悔悟女で聖女。アレクサンドリアで17年間遊女として暮らしていたが,エルサレム巡礼に旅立ち改心。その後ヨルダン川を渡り,パレスティナの荒野で約50年間3個のパンのみで隠修生活を送ったという。美術作品では,毛髪で全身をおおい手に香油または3個のパンを持った女性として表される(メムリンク〈キリストの哀悼の祭壇画〉部分)。また伝説から,司祭ゾシモスより聖体を拝領する場面,ライオンが付き添い彼女の墓穴を掘る場面,死後天使により天上へ引き上げられてゆく場面(ロレンツォ・ディ・クレディ)などが表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マリア[エジプトの]の関連キーワードエジプト暦出エジプト記エジプト鼠エジプト綿エジプト文字エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト十字架の秘密エジプト風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone