コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一応/一往 イチオウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐おう〔‐オウ|‐ワウ〕【一応/一往】

[名]
一度。一回。「―も二応も」
「今―篤(とく)と考えて見まして」〈二葉亭浮雲
一度行くこと。
「―の新賓なれば感思おさへがたし」〈海道記・序〉
[副]
十分ではないが、ひととおり。大略。「これで―でき上がりだ」
ほぼそのとおりと思われるが、念のために。「―見直しましょう」
[補説]本来は「一往」と書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一応/一往の関連キーワードフェア・ディール不安定の釣合い寝た子を起こすだからと言って休止符を打つアフターケア差し湯・差湯ミクロ言語学田中義一内閣ピレネー条約責めを塞ぐシオニズム証明と疎明疎明・疏明再往・再応良しとする不完全履行歌川国次局地戦争閣外大臣

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android