コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山[市] かめやま

百科事典マイペディアの解説

亀山[市]【かめやま】

三重県北部の市。1954年市制鈴鹿山脈南東麓と鈴鹿川中流域にまたがり,鈴鹿市にかけて能褒野(のぼの)が広がる。中心市街は東海道の宿場町,関氏・岡本氏らの城下町として繁栄。
→関連項目板倉氏後嵯峨天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かめやま【亀山[市]】

三重県北部の市。1954年亀山町と昼生(ひるお),井田川,川崎,野登(ののぼり)の4村が合体,市制。人口3万8631(1995)。市域は鈴鹿山脈の南東部から伊勢平野にかけての台地に広がり,中心市街地は鈴鹿川左岸の段丘上にある。江戸時代までは城下町,東海道の宿駅として発展したが,1890年関西鉄道(現,JR関西本線)が開通し,翌91年には参宮鉄道(現,紀勢本線)が開通して両鉄道の分岐点となり,鉄道の街としての性格を強めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀山[市]の関連キーワード鈴鹿関

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀山[市]の関連情報