コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館[市](読み)はこだて

百科事典マイペディアの解説

函館[市]【はこだて】

北海道南西部の市。1922年市制。渡島(おしま)総合振興局所在地。亀田半島の大部分を占め,津軽海峡に面する港湾都市で,青函連絡船が出入する北海道の玄関口として発展してきたが,1988年青函トンネルが開通して連絡船は廃止された。以来本州とは鉄道で結ばれ,函館本線,道南いさりび鉄道の起点をなす。かつては箱館と書かれ,江戸時代の末期には開港場となり,明治中期までは道唯一の商港として経済圏は全道に及んだ。造船,漁業機械,製網,冷蔵,化学肥料,水産加工の工場がある。沖合はイカ漁が盛んで,するめを多産。市街地は美しい夜景で知られる陸繋(りくけい)島の函館山をつなぐ砂州上に発達,巴湾南岸に水産関係の工場や倉庫が並び,住宅地は北部へ広がる。五稜郭湯の川温泉,トラピスチヌ大修道院,恵山がある。JR函館本線,道南いさりび鉄道,国道5号線,227号線,228号線,278号線,函館空港からは国内各地への便があり,また函館港から青森,大間へフェリーボートが通じる。2016年3月に開業した北海道新幹線の新函館北斗駅まで,シャトル列車を運行。2004年12月亀田郡戸井町,恵山町,椴法華村,茅部郡南茅部町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。677.86km2。27万9127人(2010)。
→関連項目渡島[支庁]亀田北海道教育大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はこだて【函館[市]】

北海道南部,渡島(おしま)半島の突端部にある市。1922年市制。73年北に接する亀田市(1971市制)を編入。人口29万8881(1995)。古くは箱館と書き,1869年(明治2)函館と改称。津軽海峡を隔てて青森市と相対する。市域東部は山地,西部は函館平野からなり,市街地は南端函館山山麓から砂州上に扇形に広がり,西に函館湾を抱く。1988年4月まで青函連絡船が出入りしていた北海道の表玄関であり,函館本線の起点で江差線が分岐し,国道5号,227号,228号,278号線などが通じ,函館空港もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の函館[市]の言及

【北海道】より

…一方,松前(福山)藩は69年館藩と改称,71年の廃藩置県を経て弘前県(後に青森県と改称)に併合されたが,72年開拓使に移管された。82年開拓使は廃止,北海道にも県制がしかれて札幌,函館,根室の3県となり,開拓関連諸事業は翌年農商務省の北海道事業管理局へ移された。しかしこの3県1局制は成功せず,86年廃されて北海道庁が置かれ,全道を管轄した。…

※「函館[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android