四季(文学)(読み)しき

百科事典マイペディアの解説

四季(文学)【しき】

詩の同人雑誌。第1次は1933年5月堀辰雄の編集で四季社より季刊誌として創刊。小林秀雄室生犀星らが執筆,春秋2冊。第2次は1934年10月,月刊として四季社より刊。三好達治丸山薫,堀辰雄が編集,同人は萩原朔太郎立原道造中原中也ら。抒情の純粋性を重んじ,四季派の名で呼ばれている。1944年6月終刊,通巻81号。第3次は1946年8月堀辰雄の編集で角川書店より刊。5号で終わった。第4次は,1967年,丸山,神保光太郎,田中冬二らにより,潮流社発行。17号まで。
→関連項目神西清

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android