国見(大分県)(読み)くにみ

  • 国見
  • 大分県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分県北東部、東国東(ひがしくにさき)郡にあった旧町名(国見町(ちょう))。現在は国東市の北部にあたる地域。旧国見町は、1955年(昭和30)伊美(いみ)町と熊毛(くまげ)村が合併して国見町と改称。1960年竹田津町と合併。2006年(平成18)国東、武蔵(むさし)、安岐(あき)の3町と合併して市制施行、国東市となった。旧町名は『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』の国見の村地名伝承にちなむ。国東半島北部の数条の放射谷の米・タバコ作と放射山稜(さんりょう)のミカン栽培が主産業。半島を回る国道213号を通じ、伊美は姫島(ひめしま)、竹田津は徳山へフェリーボートが就航している。国指定史跡鬼塚古墳(おにづかこふん)は壁画をもつ。

[兼子俊一]

『『国見町沿革史』(1970・国見町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android