国見(長崎県)(読み)くにみ

  • 国見
  • 長崎県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎県南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(国見町(ちょう))。現在は雲仙市(うんぜんし)の北東端部を占める。旧国見町は1956年(昭和31)多比良(たいら)町と土黒(ひじくろ)村が合併して成立。1957年神代(こうじろ)村を編入。2005年(平成17)瑞穂(みずほ)、吾妻(あづま)、愛野(あいの)、千々石(ちぢわ)、小浜(おばま)、南串山(みなみくしやま)の6町と合併、市制施行して雲仙市となった。旧国見町は島原半島の北部に位置し、海岸に島原鉄道と国道251号が通じ、多比良港と対岸の長洲(ながす)港(熊本県)との間にフェリーボートが就航している。港と雲仙岳を直結する道路も新設され、観光ルートの重要地点をなす。神代川河口部に縄文晩期の筏(いかだ)遺跡がある。神代は、中世における土豪神代氏の拠点で、鶴亀(つるかめ)城跡がある。近世は鍋島(なべしま)氏に属し、佐賀藩の支藩的存在で、陣屋が置かれた。旧鍋島家住宅5棟は国指定重要文化財。旧武家町の神代小路(くうじ)は重要伝統的建造物群保存地区。旧町域の背後は雲仙岳の火山性扇状地で、ミカン、茶、ジャガイモを産し、酪農も盛んである。海岸にはタイラガニ(多比良蟹)の特産があり、扇頂部の百花台(ひゃくかだい)には縄文遺跡(百花台遺跡)がある。また、雲仙山中の田代原(たしろばる)は放牧の行われる小盆地である。

[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android