天草[町](読み)あまくさ

百科事典マイペディアの解説

天草[町]【あまくさ】

熊本県天草郡,天草下島西部の旧町。大部分山地で,海岸は断崖が続き,耕地は少ない。中心集落の高浜は陶磁器原料の天草陶石の大産地で,名古屋,京都などに移出している。海岸線雲仙天草国立公園に属し,隠れキリシタンの地大江,温泉の下田がある。2006年3月,本渡市,牛深市,天草郡有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,河浦町と合併し市制,天草市となる。85.46km2。4726人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまくさ【天草[町]】

熊本県天草下島南西部を占める天草郡の町。人口5133(1995)。西は天草灘に面し,農業は米作と畜産の複合経営が行われ,軍ヶ浦(いくさがうら)は近海漁業の基地である。地場産業の中心をなす高浜の天草陶石は,陶磁器原料として有田や瀬戸方面に出荷される。海岸線は断崖が続き,雲仙天草国立公園の一部で,妙見浦(天・名)のほか十三仏,海中公園の大ヶ瀬など見どころが多く,下田は天草随一の温泉地として有名。南部の大江には大江天主堂があり,隠れキリシタンの里として知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android