コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平安時代美術 へいあんじだいびじゅつ

世界大百科事典 第2版の解説

へいあんじだいびじゅつ【平安時代美術】

都が奈良から京都に移った794年(延暦13)前後は,単に遷都だけではないさまざまな変化が認められる時期で,真言密教の輸入による仏教美術の変化をはじめ,文化史の上でも大きな転換期であった。これから政治・文化の中心が京都に存在した約400年間がいわゆる平安時代であり,美術の歴史の上でもこれを一つの時代とみている。ただし見方によって,894年(寛平6)の遣唐使廃止によって象徴される大陸文化との一応の絶縁までを弘仁貞観あるいは貞観時代といって,それ以後藤原時代と区別したり,10世紀中ごろのようやく和様化の顕著となってくる時期までを平安前期,以後を和様の完成からその展開の時期とみて平安後期のように二分するなど,諸説がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

平安時代美術の関連キーワード平安京藤原帯子日本文学日本におけるおもな時代区分長岡京跡円仁蝦夷戦争九州吹奏楽連盟円仁京都

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android